がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育

活動紹介

緩和医療(大学院・インテンシブ)

緩和医療学 教授 有賀 悦子

緩和医療学 教授 有賀 悦子

がん治療全般については社会からの期待が増す一方で、緩和ケア教育は追いついておらず、人材が不足しています。超高齢社会が進む日本において、緩和ケアはますます重要です。
緩和ケアのリーダーとなれる専門医の養成や、緩和ケアの基本的な知識を持った医師、看護師、薬剤師といった医療人を育成し、患者さんがよりよい療養生活を送れる医療体制の構築に貢献してきたいと考えています。

緩和医療コースのお知らせ

がんを診る総合医(大学院・インテンシブ)

腫瘍内科 教授 江口 研二

腫瘍内科学 特任教授 江口 研二

がん治療は日々進化しているため、広い視野と高度な専門知識をあわせ持った総合内科医が求められています。また、がん診療は外来通院で行われることが多くなり、患者さんに身近な地域の中で診療を完結することが臨まれるようになりました。
「地域でがんを診る総合医養成コース」では、内科学の知識を総動員して治療し、がん診療における専門性を発揮できる医師を目指しています。
地域医療の中でがん診療のリーダーとして、総合内科医を基盤とした腫瘍内科医のネットワークづくりに参画し、患者さんに最良の医療を提供しませんか。

がんを診る総合医コースのお知らせ

臨床研究グループリーダー(大学院・インテンシブ)

腫瘍内科 准教授 関 順彦

腫瘍内科学 病院教授 関 順彦

多くの患者さんの医療に貢献するために、新しい治療法の開発や標準的な治療の確立には、質の高い臨床試験の成果である「エビデンス」を生み出していくことが必要です。そのために多数の患者さんのリクルートが必要になり、がんの臨床試験として多施設共同試験が全国で展開されています。
「臨床試験グループリーダー養成コース」では、多施設共同臨床試験遂行のリーダーとなり、自分達がつくったエビデンスを世界に向けて発信できる医師を養成します。エビデンスを使う側にとどまるのではなく、つくる側として活躍の場を広げましょう。

臨床研究グループリーダーのお知らせ

がん専門的手技実地(インテンシブのみ)

外科(肝胆膵)教授 佐野圭二

外科(肝胆膵) 教授 佐野 圭二

がん治療技術が高度化する中、チーム医療や地域連携がますます重要になっています。医師をはじめ、看護師、薬剤師、放射線技師といった職種が同じイメージを共有してがん治療に携わることは、患者さんに安全で最良の医療を提供する条件のひとつであると考えています。 専門的手技実地体験コースでは、がん患者さんに対する手術や処置(胃瘻、中心静脈栄養ポート留置など)といったがん治療の現状を、見学したり、シミュレーション機材などを使って体験してもらいます。
実際に目で見て、さらに体験することによって、がん治療のイメージをつかんでもう一歩踏み込んだ医療を患者さんに提供できるでしょう。

がん専門的手技実地のお知らせ

ページTOPへ