超(腸)時短大腸がん術後レシピサイト

大腸がん手術後で食べられる料理レシピを紹介。

とろ〜りチーズがくせになる!鮭のチーズ焼き

とろ〜りチーズがくせになる!鮭のチーズ焼き

 

調理時間

10分

カロリー・栄養(1人分)

235kcal

 

材料・分量

材料 分量
甘口塩鮭 1切(70g)
スライスチーズ 1枚(15g)
サラダ油 小さじ1
醤油 小さじ1
パセリ 適量

ワンポイントアドバイス

レシピではスライスチーズをちぎって使用していますが、細かくカットされているシュレッドタイプのチーズに代用することも可能です。 醤油を味噌に変えても、また一味違う美味しさが味わえます。 柔らかく蒸した温野菜や具沢山の汁物と一緒に食べると栄養バランスが良くなります。

作り方

  1. フライパンに油を引いて鮭を中火で1分焼く。
  2. 裏返して弱火にし、鮭の上にチーズをちぎって蓋をして5分加熱する。
  3. チーズが溶けたら醤油をかけてお皿に盛り付け、パセリをふりかける。

まとめ

鮭とチーズの相性が抜群の一品。面倒な下処理や下味は一切不要で、フライパン一つで包丁を使わずにできるので料理が苦手な方でも簡単に作れます。 鮭は消化吸収が良く、鮭に含まれるビタミンDはチーズに含まれるカルシウムの吸収率を良くします。不足しがちなカルシウムは術後バランスの良い食事をする上でしっかり摂取したい栄養素の一つです。 鮭とチーズはどちらも高たんぱくな食材なのでたんぱく質を摂りたい術後おすすめのレシピです。

このレシピの監修者は・・・

管理栄養士_荒井理子

荒井理子(あらい りこ)

女性ホルモン活性化アドバイザー / 管理栄養士

給食委託会社、有料老人ホーム、小学校など民間・自治体両方の栄養士業務を経験後、女性のヘルスケア・食の専門家として独立。 現代社会における女性のヘルスケア問題の改善に向けて、正しい食の知識やホルモンバランスを整え妊娠しやすい体づくりについての情報発信・食事指導を中心に、コラム執筆、セミナー講師、出張料理、レシピ作成、メディア出演、献立作成など幅広く活動中。