超(腸)時短大腸がん術後レシピサイト

大腸がん手術後で食べられる料理レシピを紹介。

かぼちゃのきんぴら

かぼちゃのきんぴら

調理時間

5分

カロリー・栄養(1人分)

116kcal

 

材料・分量

材料 分量
かぼちゃ 100g
A水 大さじ1
A砂糖 大さじ1/2
A醤油 大さじ1/2
A塩 少々
黒ごま 適量

ワンポイントアドバイス

かぼちゃの状態や電子レンジの種類によって加熱時間は異なります。柔らかくなるまでしっかり加熱してください。 加熱後によく混ぜ合わせて味にムラがないようにしましょう。

作り方

  1. かぼちゃの種とワタを除き、5mm幅に切ったら、斜めに棒状に切る。
  2. 耐熱容器にかぼちゃとAを入れよく混ぜ合わせてラップをし、電子レンジ500Wで2分半加熱する。
  3. 全体を混ぜ合わせてお皿に盛り付け、黒ごまをふりかける。

まとめ

柔らかく調理されたかぼちゃは、消化に負担をかけにくく、術後の栄養補給におすすめの食材です。 かぼちゃには、免疫を高めるために必要なビタミンCやビタミンE、粘膜を正常に保ち細菌から体を守ってくれるビタミンAなど積極的に取り入れたい栄養素が多く含まれています。 かぼちゃをカットして調味料と一緒にレンジで加熱するだけで簡単にできる一品。 フライパンを使って調理すると崩れやすく、形を残すのが難しいですが、電子レンジで調理をすることで、手軽なだけでなく、仕上がりも美しくなります。

このレシピの監修者は・・・

管理栄養士_荒井理子

荒井理子(あらい りこ)

女性ホルモン活性化アドバイザー / 管理栄養士

給食委託会社、有料老人ホーム、小学校など民間・自治体両方の栄養士業務を経験後、女性のヘルスケア・食の専門家として独立。 現代社会における女性のヘルスケア問題の改善に向けて、正しい食の知識やホルモンバランスを整え妊娠しやすい体づくりについての情報発信・食事指導を中心に、コラム執筆、セミナー講師、出張料理、レシピ作成、メディア出演、献立作成など幅広く活動中。