超(腸)時短大腸がん術後レシピサイト

大腸がん手術後で食べられる料理レシピを紹介。

食べ応え抜群!豆腐入りバンバンジー

食べ応え抜群!豆腐入りバンバンジー

調理時間

10分

カロリー・栄養(1人分)

203kcal

 

材料・分量

材料 分量
鶏むね肉 1/3枚(60g)
A塩こしょう 少々
A酒 小さじ1
木綿豆腐 1/4丁(70g)
きゅうり 1/2本(50g)
B醤油 大さじ1/2
Bごま油 大さじ1/2
B酢 大さじ1/2
B砂糖 小さじ1/2
B豆板醤 小さじ1/2
Bすりごま 少々

ワンポイントアドバイス

鶏むね肉は鶏もも肉で代用も可能ですが、鶏肉は皮の脂質が高いため、消化に負担がかからないよう、皮を除いて使用すると良いでしょう。 豆腐の水分が気になる場合は、電子レンジから出した後さらに重しをすると良いでしょう。 刺激的な味付けは、腸に負担がかかるので、辛い味付けが好みでも豆板醤は適量にしましょう。

作り方

  1. きゅうりは千切りにする。Bを混ぜ合わせておく。
  2. 鶏むね肉を耐熱容器に入れAで下味をつけてラップをし、電子レンジ500Wで2分加熱し、粗熱を取る。
  3. 豆腐をキッチンペーパーで包み、耐熱容器に入れて電子レンジ500Wで1分加熱し、水切りをする。
  4. 粗熱が取れた鶏むね肉を1cm幅にそぎ切りする。
  5. 水切りができた豆腐を手で好きな大きさにちぎる。
  6. きゅうり、豆腐、鶏むね肉の順にお皿に盛り付けBのたれをかける。

まとめ

鶏むね肉と豆腐を使ったバンバンジーは低カロリーでヘルシーなレシピ。たくさん食べたいけど体が心配…という場合でも満腹感がしっかり得られ、つい食べ過ぎてしまっても食べた後に罪悪感を感じなくて済む一品です。 鶏むね肉にはイミドペプチドと呼ばれる疲労回復効果が期待できる栄養も多く含まれています。 きゅうりのシャキシャキ感とふっくらと蒸した鶏むね肉、柔らかい豆腐の3つの食感を一度に楽しめます。 フライパンや鍋を使用しないので調理の手間もありません。

このレシピの監修者は・・・

管理栄養士_荒井理子

荒井理子(あらい りこ)

女性ホルモン活性化アドバイザー / 管理栄養士

給食委託会社、有料老人ホーム、小学校など民間・自治体両方の栄養士業務を経験後、女性のヘルスケア・食の専門家として独立。 現代社会における女性のヘルスケア問題の改善に向けて、正しい食の知識やホルモンバランスを整え妊娠しやすい体づくりについての情報発信・食事指導を中心に、コラム執筆、セミナー講師、出張料理、レシピ作成、メディア出演、献立作成など幅広く活動中。