超(腸)時短大腸がん術後レシピサイト

大腸がん手術後で食べられる料理レシピを紹介。

お家で簡単!ちゃんぽん風煮込みうどん

お家で簡単!ちゃんぽん風煮込みうどん

調理時間

20分

カロリー・栄養(1人分)

421kcal

 

材料・分量

材料 分量
冷凍うどん 1玉
キャベツ 1枚(50g)
にんじん 1/10本(20g)
もやし 30g
豚肉(ももorかた) 70g
300g
Aシャンタン 大さじ1
A牛乳 10g

ワンポイントアドバイス

煮込むことで野菜もうどんも味がしっかりと染みて、やわらかく消化に良い一品となります。 体調によって煮込み時間を変えると良いでしょう。 キャベツやにんじん以外にも白菜やかぶ、大根などを入れても美味しく食べられます。 豚肉は脂肪の少ないもも肉か、かた肉を選ぶようにしましょう。

作り方

  1. キャベツを食べやすい大きさにカットする。
  2. にんじんを短冊切りにする。
  3. 冷凍うどんを耐熱容器に入れラップをし、電子レンジ500Wで4分加熱する。
  4. 鍋に水を入れ沸騰したら野菜を加えて中火で5分茹でる。
  5. 豚肉を入れ色が変わったら、うどんとAを加えて弱火で5分煮込む。

まとめ

料理が苦手で時間と手間をかけたくない方でも、お鍋一つで簡単に美味しく作れる一品。 大腸ガンの術後は、消化に悪い食品を食べすぎると下痢や腸閉塞を起こしやすくなるので、やわらかく煮込んだ野菜と豚肉の旨味がたっぷり詰まった煮込みうどんで体に優しい食事を。 味付けが難しそうなちゃんぽんですが、牛乳とシャンタンのみで家でも本格的な味を作ることができます。

このレシピの監修者は・・・

管理栄養士_荒井理子

荒井理子(あらい りこ)

女性ホルモン活性化アドバイザー / 管理栄養士

給食委託会社、有料老人ホーム、小学校など民間・自治体両方の栄養士業務を経験後、女性のヘルスケア・食の専門家として独立。 現代社会における女性のヘルスケア問題の改善に向けて、正しい食の知識やホルモンバランスを整え妊娠しやすい体づくりについての情報発信・食事指導を中心に、コラム執筆、セミナー講師、出張料理、レシピ作成、メディア出演、献立作成など幅広く活動中。