超(腸)時短大腸がん術後レシピサイト

大腸がん手術後で食べられる料理レシピを紹介。

サラダチキンで簡単!やわらか鶏肉のピカタ

サラダチキンで簡単!やわらか鶏肉のピカタ

調理時間

15分

カロリー・栄養(1人分)

366kcal

 

 

材料・分量

材料 分量
サラダチキン 1パック(120g)
薄力粉 15g
卵(M) 1個(50g)
豆乳 大さじ1
油(今回はオリーブオイル使用) 大さじ1
ブロッコリー 2房

ワンポイントアドバイス

サラダチキンを使うことで、簡単に鶏肉をしっとり柔らかく仕上げることができます。自宅にあれば、オーブントースターで焼くと更に脂質を抑えることができ、退院直後でも食べやすくなります。

作り方

  1. サラダチキンは、一口大に切る。
  2. ブロッコリーは、洗って食べやすい大きさに切って600Wの電子レンジで1分半加熱する。
  3. 卵を溶き、豆乳を加えて、全体が均一になるまで混ぜる。
  4. サラダチキンに小麦粉をまぶす。
  5. 4を3に入れ、周りに卵衣がついたら、熱して油を入れたフライパンできつね色になるまで焼く。
  6. 器に盛り、ブロッコリーを添える。

まとめ

市販のサラダチキンを使用した、お手軽な鶏肉のピカタです。ピカタの衣に使用する豆乳にはオリゴ糖が豊富です。オリゴ糖は大腸まで達し、善玉菌の栄養源となって増殖を促すため、腸内環境を整えるのに役立ちます。

このレシピの監修者は・・・

f:id:colorectal_stage:20180330105049j:plain

廣野 沙織(ひろの さおり)

フリーランス管理栄養士

料理好きの母親の影響を受け、幼い頃から食や料理への関心をもつ。 大学は管理栄養士養成課程に進学し、アルバイトとして企業でお弁当の商品開発やフードスタイリングなどを経験。
卒業後は大学院で「調理科学」という分野を専攻し、肉や野菜の加熱調理に関する研究を行った。 研究の傍ら、レシピ開発や執筆活動、食生活アドバイス、料理代行などに従事し、在学中にフリーランス管理栄養士として開業。大学院修了後は更に仕事の幅を広げ活動中。