超(腸)時短大腸がん術後レシピサイト

大腸がん手術後で食べられる料理レシピを紹介。

ミニトマトとカッテージチーズの塩こんぶ和え

f:id:colorectal_stage:20180330174610j:plain

調理時間

5分

カロリー・栄養(1人分)

130kcal

 

 

たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分(1人分)
2.7g 0.5g 7.4g 0.5g

材料・分量

材料 分量
ミニトマト 6個
カッテージチーズ 大さじ1
塩こんぶ ひとつまみ

ワンポイントアドバイス

"トマトは湯むきをすることで味がなじみやすくなります。 カッテージチーズは脂質が少ないので、消化によいチーズです。退院直後から食べられます。

作り方

  1. ミニトマトは洗ってヘタを取り、熱湯をかけて皮を剥く。
  2. カッテージチーズと1を混ぜる。
  3. レンジから一度出し、全体をしっかり混ぜる。
  4. お皿に盛り、上に塩こんぶを乗せる。

まとめ

ミニトマトに含まれるリコピンは、トマトやスイカなどに含まれる赤色の色素成分とで、強力な抗酸化作用を持っています。前日の夜に作り置きをすると味が馴染み美味しくいただけます。

このレシピの監修者は・・・

f:id:colorectal_stage:20180330105049j:plain

廣野 沙織(ひろの さおり)

フリーランス管理栄養士

料理好きの母親の影響を受け、幼い頃から食や料理への関心をもつ。 大学は管理栄養士養成課程に進学し、アルバイトとして企業でお弁当の商品開発やフードスタイリングなどを経験。
卒業後は大学院で「調理科学」という分野を専攻し、肉や野菜の加熱調理に関する研究を行った。 研究の傍ら、レシピ開発や執筆活動、食生活アドバイス、料理代行などに従事し、在学中にフリーランス管理栄養士として開業。大学院修了後は更に仕事の幅を広げ活動中。